舞台美術プランとか劇場スタッフとか、

かつては写真とかしてきた、松本謙一郎のサイト。


最近(2010年〜)はもっぱらツイッター( @thinkhand / ログ )で、ブログとしては更新してませんが。

2008年あたりは、割と色々書いてます。






























2008年4月25日

作品記録 / 再クラシカル 行フロンティア

連続模型「再クラシカル 行フロンティア 再演版」





2008/4/25〜28 @シアターグリーンBox in Box THEATER
作/演出・木村大智 美術監督・河野菜月 照明・加藤千里

               [ 作業記録 ]



「マツマコーラ」のロゴは、河野さんのデザイン
アルマイト看板も万国旗も昭和レトロのイメージから
(マツマ)コーラは戯曲上・物語上重要な設定として登場する
古いコーラグッズにはマニアもいてウェブで多くの資料にあたれた
昭和といえば「ALWAYS 三丁目の夕日」の舞台はコーラ日本上陸の年




円形舞台は作演出のイメージとイメージ画にある
「月面のクレーターの中にある都市」から発想
そして、演出指向としての「サーカス小屋」から
矢井田瞳「Buzzstyle」PVを連想した

Buzzstyle http://youtu.be/2Y1yr65rSTE

作品主題からイメージしたのは「マワルソラ」の方
「ロボッツ」の主題歌というのも、作品内容と奇妙な一致
「再クラ〜」の主人公たちは、月に捨てられロボットだから




そして昭和レトロのイメージといえば電柱
客席にも電柱を立てる、足下にはちょっとした遊び



自分的にはティコ・ムーンのイメージを入れてみた
ビルボード(広告看板)背景パネル




舞台面は木質感と出しつつ同時に月面のイメージも入れる
針葉樹合板の節穴がクレーターのようでもあり


客電は提灯、これも昭和なイメージ


0 件のコメント: